ケンコウコウケン軒

漢方薬膳関連の本が数冊あるので一部抜粋&要約します。

鶏肉〜滋養食に〜

日本でも病人の滋養食とされる鶏肉は、牛や豚などの大型の動物の肉にまさる薬効があります。

鶏の肉はお腹を温め、食欲を亢進させて、気力を充実させ、精力を強める作用があります。

 

病気が長引いて体力が落ちている人の他、胃腸が弱く、食べるともたれて食が進まず、痩せて体力のない人には効果的な食材でしょう。

 

また、お腹を温めて水分代謝を整えるため、よく下痢をする、喉が渇きやすく小便が近い、あるいは小便が出にくくむくみがあるなどの諸症状にも効きます。

 

さらに、疲れて気力がわかないとか、精力が減退している、などという時に食べると効果があります。

 

鶏肉薬効としては血液を補うことがあげられます。

病後や、産後の体力の回復や、お乳の出をよくする作用もあります。

また、不愉快な帯下にも有効。

砂肝は胃腸の冷えを治すなどに用いられています。

 

鶏肉は、アレルギー反応を起こすことがあります。卵アレルギーの人は注意。

 

鶏の骨付きもも肉に、こうらいにんじん、しょうが、ニンニクを薬味として入れておかゆを炊きます。これは体力が落ちてる時、下痢が続いている時などに効きます。

 

鶏肉に大棗と当帰を加えたスープは、虚弱体質や疲れている時、産後、病人などに体力をつけます。

 

カロリーを押さえて体力をつけるのに効果的な食べ方は、鶏ささみ、豚赤身肉、きゅうり、きくらげを千切りにし、スープにして食べます。

 

鶏のもも5本に、牛膝10gの割合で入れて煮たスープは、おりものや生理不順などの婦人病に効きます。

 

貧血が強くてめまいを感じる時は、鶏肉250gに当帰50g、川芎25gを入れて蒸して食べます。

f:id:MusicTherapy:20210817095445j:plain