ケンコウコウケン軒

漢方薬膳関連の本が数冊あるので一部抜粋&要約します。

かぼちゃ〜実も花や種も活用〜

かぼちゃは、胃腸を丈夫にし、体力をつける食べ物です。

野菜の中でもβカロテンが豊富です。

日本種と西洋種とでは、西洋種がエネルギーは2倍、βカロテンは5倍以上と違い、栄養面では優秀です。

また、どんな荒れ地でも育つわりに、でんぷん室に富み、甘みがあって美味。

江戸時代には飢饉の際の救荒食に、戦中・戦後の食糧難の時期には代用食にと、大事な役割を果たしてきました。

かぼちゃの花を“南瓜花”といって、スープの具にすると大変美味しく、それに加え、熱を下げる、下痢を治す、痰を去る、乳の出を良くするなどの薬効があります。

長い間食べ続けると、皮膚が黄色くなりますが、これはかぼちゃの色素が汗腺から排出される為で、害はありません。

 

かぼちゃには解毒作用や駆虫作用があり、昔から生で用いて、薬物中毒や虫下しに使われてきました。

種もこの駆虫作用を持ちますが、それ以外にも体内の余分な水分を取り除く利尿作用があります。

また、かぼちゃの実は、消炎・鎮痛作用があり、湿布剤として肋間神経痛や肋膜炎の痛みなどに使われます。

 

むくみのある時は、かぼちゃとあずきを一緒に、味をつけないで柔らかく煮て食べます。

 

種を干したもの10〜20gを3カップの水で半量になるまで煎じ、1日3回に分けて空腹時に飲むと、むくみをとります。特に、産前・産後のむくみに効きます。

 

かぼちゃを生で食べると駆虫効果があります。

 

かぼちゃをよく煮てどろどろにしたもので湿布すると、消炎、止血効果があり、肋間神経痛や肋膜の痛みをやわらげます。

 

軽いやけどには、かぼちゃをおろして湿布します。

 

虫に刺された時は、カボチャの花か葉を塩もみして患部に貼るといいです。