ケンコウコウケン軒

漢方薬膳関連の本が数冊あるので一部抜粋&要約します。

【にんじん】〜五臓を健やかにする〜

にんじんは、生で食べても、煮て食べても、五臓を健やかにし、胃腸を補う働きがあるので、病弱で体力のない人、お年寄りや虚弱体質の子供が常食すると効果的です。

また、人参には、胃を丈夫にし、消化をよくする働きがあります。

そのため、胃が詰まった感じがする時、胸が重苦しい時、食欲不振の時、下痢が長引いてなかなか治らない時も有効です。

慢性胃炎で、むくみがあり、体がだるく、食欲のない人にも向きます。

また、中国では動物実験の結果、血糖降下作用のある成分を含んでいる事がわかり、糖尿病患者にも積極的にすすめるようになってきました。

にんじんの主な成分に、ビタミンAのもとであるβカロチンがあるため、夜盲症、角膜乾燥症にも有効です。

 

※にんじんを多量の酢と一緒に食べると、βカロテンが分解されるので気をつけましょう。

 

夜盲症、角膜乾燥症にはにんじんと豚のレバーを炒めて食べるとよく効きます。

βカロテンは脂溶性のため、油で炒めて食べると吸収が良くなります。

にんじんと羊肉を一緒に煮てスープで食べると、強壮・強精に効果的。インポテンツの人に。

はしか・水疱瘡には、人参90g黒クワイ60gを適当な量の水で煎じたものを。

子供の百日咳には、人参120gナツメ10粒水3カップカップ1まで煮詰めたものを。

 

ゴボウがなく人参が沢山ある時は、人参だけのきんぴらも美味しいですよ。