ケンコウコウケン軒

漢方薬膳関連の本が数冊あるので一部抜粋&要約します。

【キャベツ】〜胃腸薬〜

原産地はヨーロッパで、日本へは18世紀初めに伝えられました。

煮て食べても、生で食べても、炒めても美味しいキャベツは、いつも摂取していると体を調える働きがあります。

虚弱体質の子供には、キャベツのスープを作っておいて、水代わりに飲ませましょう。

キャベツの最大のメリットは、胃壁の粘膜の再生や潰瘍の治癒に効果のあるビタミンUや Kを含んでいることです。

ビタミンCの含有量も淡色野菜ではトップクラスです。

このために、胃の痛みや、胃・十二指腸潰瘍に効くことがわかり、にわかに注目を集めるようになりました。

因みにこのキャベツから発見された成分、ビタミンUを配合した胃腸薬のあることはよくご存知でしょう。

ビタミンUやCは、煮ると損なわれるので、潰瘍の人は、生かさっと煮たものをとるようにしましょう。

この他に、糖尿病、便秘、吹き出物、泌尿器系疾患に薬効があり、止血、止痛の効果も期待出来ます。

ガンの発生を抑えるという報告もあります。

冷え性の人は生で多食すると冷えますので注意して下さい。

 

新鮮なキャベツのジュースを作り、一回250mlずつ温めて食前に飲みます。

続けて10日間(症状によっては長期間連続して)飲むと潰瘍に効果的。

キャベツ75%セロリ25%の割合のジュースでさらによい結果が得られた例もあります。

腸炎にもよいでしょう。

 

煮過ぎない程度に煮たキャベツを食べていると、ガンの予防効果があります。

 

f:id:MusicTherapy:20210705084946j:plain