ケンコウコウケン軒

漢方薬膳関連の本が数冊あるので一部抜粋&要約します。

妊娠中・産後にいい食材

妊娠初期は、つわりもあり、食べ物がどうしても偏りがちですし、後期は胎児に栄養がどんどんいきますので、貧血に一番気をつけなくてはいけません。

また、産後も授乳中は、貧血になりがちです。

妊娠中は貧血の検査があるのでよいのですが、産後は自分で気をつけないと、栄養不足のおっぱいを赤ちゃんにあげる事にもなりかねませんので、カルシウムとタンパク質を十分に摂るようにします。

そして、鉄分の吸収をよくするビタミンCとカルシウムの吸収をよくするビタミンDも一緒に摂るように心がけましょう。

授乳中は水分不足になりがちです。

産後の体力回復のためにも、母乳の栄養のためにも、炭酸飲料などでなく、具のたっぷり入った味噌汁やスープ、牛乳を摂るようにします。

妊娠中は便秘になりがちですが、薬にたよらず食べ物で治したいものです。

ヨーグルトや乳酸飲料はカルシウムも摂れ、一石二鳥です。

また、果実も一緒に摂ると、ビタミンCは乳酸菌のエサとなり、腸内の乳酸菌を増やしてくれるのでより効果的です。

抜粋文